よくあるご質問

アスベスト(石綿)とは、どういうものですか?開く

天然の鉱石繊維で、熱や摩擦にも強く、丈夫で変化しにくい特性を持っていることから、建材(吹付け材、保温・断熱材、スレート材など)、車両摩擦材(ブレーキ)、シール断熱材といった様々な工業製品に使用されてきました。

アスベスト(石綿)被害とは、どんなことですか?開く

アスベスト(石綿)の粉じんを吸い込んだことが原因で、中皮腫、石綿肺、肺がん(原発性肺がん)、びまん性胸膜肥厚などの健康被害を被ることです。

アスベスト(石綿)ばく露、とはどういう意味ですか?開く

さらされるという意味です。アスベスト(石綿)は、毛髪よりも細く、肉眼では見えない細い繊維でできており、飛び散った紛じんが空気中に漂ったものを吸い込むことを、ばく露すると言います。
アスベスト(石綿)は、肺の奥深く入り込んで肺胞に付着しやすく、長く残る場合があり、その残ったアスベスト(石綿)が、肺の線維化や中皮腫などの病気を引き起こすことがあります。

労災認定を受けていないのですが、相談は可能ですか?開く

ご相談は可能です。状況に応じて、対象となる可能性がある救済制度等をご案内いたします。

アスベスト(石綿)工場で労働者として働いた時期が短くても、国からの賠償金の対象になりますか?開く

労働者として働いた時期が昭和33年5月26日から昭和46年4月28日までの一部の期間であっても対象となります。ご相談ください。

会社はだいぶ昔に倒産(廃業)しているのですが、手続はできますか?開く

会社や事業所が倒産したり廃業していても、賠償金の支払い対象になります。
ただし、勤務していたことを証明する書類などが必要となります。

過去の勤務先の確認方法 »

労災認定を受けているのですが別に請求できるのですか?開く

請求できます。
労災保険や石綿健康被害救済法による給付を受けている方であっても、これらとは別に、国に対して賠償金の請求をできます。

本人はすでに亡くなっているのですが、遺族でも請求することができますか?開く

ご本人様がすでに亡くなっている場合、遺族の方が請求することも可能です。ご相談ください。

その他ご質問・ご相談、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ご相談は無料です。
お気軽にご相談ください。