弁護士費用

労働災害保険申請サポート費用
(療養補償給付・休業補償給付・障害補償給付・遺族補償給付等)

急激かつ偶発的な外来の事故によるケガ・死亡の場合
(墜落・転落・転倒,巻き込まれ・挟まれ事故,飛来・落下物事故など)

労災保険からの給付額(※1)の10%(最低額10万円)
 

急激かつ偶発的な外来の事故によるケガ・死亡の場合以外の場合
(精神疾患・過労死・自殺・慢性疾患など)

労災保険からの給付額(※1)の15%(最低額50万円)

 

労働災害情報の開示請求サポート及び損害賠償請求の見通し簡易調査報告費用

〇 基本費用5万円
 

サービス内容

行政機関の保有する労災事故情報の開示請求5件サポート
労基署などが持っている労災事故の情報を開示する請求を弁護士がサポートします。
※保有個人情報開示請求書1通を対象労災事故情報1件とカウントします。
 

② 相手会社に対する損害賠償請求の可能性・金額等の見通し簡易調査報告書
開示された情報やお客様に提供頂いた情報に基づき、弁護士が相手会社に行う損害賠償請求の成功可能性・賠償金額などおおまかな見通しを調査し、書面でご報告いたします。
 

③ 弁護士による見通し説明サービス
上記②の見通しや、簡易調査報告書の内容を弁護士が分かりやすく口頭でご説明いたします(1時間程度)。  
 

〇 開示請求サポート6件目以降は、1件につき5,000円の追加料金  
 

示談交渉のみの委任

急激かつ偶発的な外来の事故による

ケガ・死亡の場合

(墜落・転落・転倒、巻き込まれ・
挟まれ事故、飛来・落下物事故など)

経済的利益 着手金 報酬金(※2※4)
~300万円 0円 20%
300万円~3000万円 0円 15%
3000万円~ 0円 10%

急激かつ偶発的な外来の事故による

ケガ・死亡の場合以外

(精神疾患・過労死・自殺・慢性疾患など)

経済的利益 着手金(※4) 報酬金(※3※4)
~300万円 50万円 20%
300万円~3000万円 100万円 18%+6万円
3000万円~ 200万円 15%+96万円
 

訴訟(民事訴訟)の委任

急激かつ偶発的な外来の事故による

ケガ・死亡の場合

(墜落・転落・転倒、巻き込まれ・
挟まれ事故、飛来・落下物事故など)

経済的利益 着手金(※4) 報酬金(※2※4)
~300万円 40万円 16%
300万円~3000万円 10%+10万円 10%+18万円
3000万円~ 5%+160万円 6%+138万円

急激かつ偶発的な外来の事故による

ケガ・死亡の場合以外

(精神疾患・過労死・自殺・慢性疾患など)

経済的利益 着手金(※4) 報酬金(※3※4)
~300万円 50万円 20%
300万円~3000万円 100万円~350万円 18%+6万円
3000万円~ 7% 15%+96万円



【補足説明】
 
※1 年金についてはその2年分を給付額に加算します。また、給付額には特別支給金部分も含むものとします。

 <計算例①(急激かつ偶発的な外来の事故によるケガの場合)>
  療養補償給付50万円、休業補償給付60万円、休業特別支給金20万円、障害補償年金200万円、障害特別年金50万円、
  障害特別支給金225万円が労災保険から支給された。
  ⇒労働災害保険申請サポート費用=
  {(療養補償給付50万円)+(休業補償給付60万円)+(休業特別支給金20万円)+(障害補償年金200万円×2年)
   +(障害特別年金50万円×2年)+(障害特別支給金225万円)}×10%=85万5000円

 <計算例②(過労死・過労自殺の場合)>
   遺族補償年金350万円、遺族特別年金80万円、遺族特別支給金300万円が労災保険から支給された。
  ⇒労働災害保険申請サポート費用=
  {(遺族補償年金350万円×2年)+(遺族特別年金80万円×2年)+(遺族特別支給金300万円)}×15%=174万円


※2 急激かつ偶発的な外来の事故によるケガ・死亡の場合は、最低報酬金として30万円を申し受けます。


※3 急激かつ偶発的な外来の事故によるケガ・死亡の場合以外の場合は、最低報酬金として50万円を申し受けます。


※4 着手金・報酬金は上記表の金額を原則としつつも争点及び事務処理の多少、難易、煩雑の程度、主張・立証の難易度、
   請求額や経済的利益の多寡、その他一切の事情を考慮して、30%の範囲で増減することがあります。
   また訴訟における出廷9期日以降は、1期日につき別途3万円の超過期日費用を申し受けます。

 

証拠保全手続の委任

〇 30万円~

  • 事務所・弁護士の選び方
  • 賠償金の基準
  • 労働災害Q&A
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用

本当に十分な補償を受け取れていますか?示談交渉や損害賠償の請求で、金額は大きく変わります。

依頼前 依頼後
プレス機に挟まれ
指を複数切断
支払わず
裁判1500万円
フォークリフトに
足を弾かれて骨折
支払わず
裁判2000万円
落下事故で死亡 保険金のみ
裁判2700万円
落ちてきた建材が
直撃して骨折
保険金のみ
裁判2700万円

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。

  • 初回相談無料
  • 着手金無料

0466-53-9340

受付時間
受付時間:平日9時~19時
相談時間:平日9時~21時

シーライト藤沢法律事務所神奈川県藤沢市鵠沼石上1-5-4  大樹生命藤沢ビル2階

法律相談のご予約はこちら

まずはお気軽にご相談ください

初回相談は無料・着手金0円

0466-53-9340

0466-53-9340

電話受付時間:平日9:00~19:00

  • 事務所・弁護士の選び方
  • 賠償金の基準
  • 労働災害Q&A

事務所紹介

〒251-0025
神奈川県藤沢市鵠沼石上1-5-4
大樹生命藤沢ビル2階

JR藤沢駅 徒歩5分

対応エリア

神奈川県全域に
ご対応いたします。