交通事故に該当する点を主張することで示談交渉を有利に進め、労災保険金と自賠責保険金の他に370万円を獲得できた事案

被害者 40代会社員男性 
部位 足指
傷病名 足指の機能障害
後遺障害等級 12級
獲得金額 370万円


項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 12級 12級
入通院慰謝料 約150万円
休業損害 約160万円
逸失利益 約325万円
後遺障害慰謝料 約275万円
治療費 約90万円
損害小計 約1000万円
労災保険既払い額 290万円 290万円 0
自賠責保険金 290万円 290万円 0
過失割合控除 -50万円
獲得額合計
(自賠責保険金+解決金)
290万円 約660万円 約370万円

ご相談内容

トラックのパワーゲート上にあるコピー機を車両の荷台にまで運搬する作業を行っている最中に、何の声掛けもなくパワーゲートが接地状態から上昇したため、右足を荷台とパワーゲートの間に挟み負傷されました。

労災事故であり、交通事故にも該当する事故だったので、ご自身で自賠責保険の後遺障害保険金申請をしたところ、後遺障害等級12級が認定されました。

後遺障害等級12級の認定を受けたうえで、相手方の会社に慰謝料を求めたところ、取り合ってもらえなかったので、弊所にご依頼いただきました。

サポートの流れ

労災事故なので、まずは労基署へ情報の開示をおこないました。並行して、ご本人様に徹底的にヒアリングをしました。その情報を基に裁判例を調査したところ、典型的な交通事故とは違いますが、自賠法3条に適用できる事件(自動車事故であるということ)だということがわかりました。「自賠法3条に適用できる」ことが法的に意味するところは、過失の立証責任が加害者側にある(過失がなかったことを加害者が立証しなければならない)ことです。

それを基に相手方の会社に内容証明郵便を送ったところ、示談交渉に応じる姿勢を見せ、示談交渉を有利に進めることができ、無事に示談解決することができました。

解決内容

前年の収入がない状態であったため、後遺障害逸失利益の計算方法がひとつの争いとなっていました。最終的には、事故当時の時給を基に交渉を行い、類似の裁判例に近い金額を認めさせることができました。 また、慰謝料も裁判基準の90%以上が認められました。

所感(担当弁護士より)

本件の特徴は、労災事故というだけではなく交通事故にも該当する事故だということです。
一般的に労災事故における過失または安全配慮義務違反の立証責任は、被害者側にあります。しかし、交通事故に該当するということは、過失の立証責任が被害者側ではなく、加害者側にあるということを意味します。
この点を相手方に最初の主張を行う段階で、的確に指摘することで、示談交渉を極めて有利に進めることができた事案であったと思います。 自動車が関わる労災事故の特徴として、このように、一般の労災事故よりも、有利に交渉を進めることができるという点が挙げられます。

当所では、交通事故事件も多く取り扱っておりますので、車に関わる労働災害事故でお困りの方がいらっしゃいましたら、お早めに無料相談にお越しいただければと思います。

【参考ページ】相談の流れ

    

   

本当に十分な補償を受け取れていますか?示談交渉や損害賠償の請求で、金額は大きく変わります。

依頼前 依頼後
プレス機に挟まれ
指を複数切断
支払わず
裁判1500万円
フォークリフトに
足を弾かれて骨折
支払わず
裁判2000万円
落下事故で死亡 保険金のみ
裁判2700万円
落ちてきた建材が
直撃して骨折
保険金のみ
裁判2700万円

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。

  • 初回相談無料
  • 着手金無料

0466-53-9340

受付時間
受付時間:平日9時~19時
相談時間:平日9時~21時

シーライト藤沢法律事務所神奈川県藤沢市鵠沼石上1-5-4  大樹生命藤沢ビル2階

法律相談のご予約はこちら

まずはお気軽にご相談ください

初回相談は無料・着手金0円

メールでのご相談予約はこちら

0466-53-9340

0466-53-9340

電話受付時間:平日9:00~19:00

 

賠償額無料診断サービスご相談できます。


 

弁護士に何度でも相談できる継続相談プラン


  • 事務所・弁護士の選び方
  • 賠償金の基準
  • 労働災害Q&A

コンテンツメニュー

事務所紹介

相談室写真

〒251-0025
神奈川県藤沢市鵠沼石上1-5-4
大樹生命藤沢ビル2階

JR藤沢駅 徒歩5分

対応エリア

神奈川県全域に
ご対応いたします。