【質問6】学校事故は、学校の管理下で発生した事故をいうそうですが、放課後や部活動中の事故も、学校事故にあたりますか?

→ 放課後や部活動中に発生した事故も、学校事故になり得ます。  

ここでは、山岳部の遭難事故で学校側の損害賠償責任が認められた事件を紹介します。

事故の概要

木曽駒ヶ岳で行なわれた都立高等専門学校の山岳部春山合宿で、教員が山小屋に留まらず、下山を強行したため、山岳部員の生徒が雪崩に巻き込まれ、死亡しました。

認められた損害賠償額

約3034万円(都立高専木曽駒ヶ岳遭難事件:最判平成2年3月23日判タ725号58頁)

認められた理由・解説

教員は、教育活動による事故の発生を未然に阻止すべき注意義務があります。教員は悪天候の時は山小屋に留まるべきなのに、下山を強行したことの是非が争われました。この点で裁判所は、教員に過失があると認め、生徒が雪崩で死亡したのは、教員の不注意が原因だと結論づけました。

部活動などの課外活動中に、教員の誤った指導が原因で、ケガをしたり、後遺障害が残ったり、お子様が亡くなったご遺族の方は、お早めに弁護士法人シーライト藤沢法律事務所までご連絡ください。

    

   

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。

  • 初回相談無料
  • 着手金無料

0466-53-9340

受付時間
受付時間:平日9時~19時
相談時間:平日9時~21時

シーライト藤沢法律事務所神奈川県藤沢市鵠沼石上1-5-4  大樹生命藤沢ビル2階

新型コロナウィルスに対する弊所の対応について

本当に十分な補償を受け取れていますか?示談交渉や損害賠償の請求で、金額は大きく変わります。

依頼前 依頼後
プレス機に挟まれ
指を複数切断
支払わず
裁判1500万円
フォークリフトに
足を弾かれて骨折
支払わず
裁判2000万円
落下事故で死亡 保険金のみ
裁判2700万円
落ちてきた建材が
直撃して骨折
保険金のみ
裁判2700万円
過労ドライバーが脳出血を発症し、上下肢機能全廃 保険金のみ
裁判4000万円
過労医師が内因性心臓死により死亡 保険金のみ
裁判1億6000万円

法律相談のご予約はこちら

まずはお気軽にご相談ください

初回相談は無料・着手金0円

メールでのご相談予約はこちら

0466-53-9340

0466-53-9340

電話受付時間:平日9:00~19:00

 

アスベスト被害者相談ページはこちら

 

賠償額無料診断サービスご相談できます。


 

弁護士に何度でも相談できる継続相談プラン


  • 事務所・弁護士の選び方
  • 賠償金の基準
  • よくある質問

コンテンツメニュー

事務所紹介

相談室写真

〒251-0025
神奈川県藤沢市鵠沼石上1-5-4
ISM藤沢2階

JR藤沢駅 徒歩5分