【質問1】熱中症関係の学校事故は、どういうものがありますか?

→ 屋内外の活動で熱中症による学校事故の例があります。  

屋内活動での事例

事故の概要

剣道部の生徒が8月に剣道場で練習中、熱中症または熱射病を発症しました。教員は、生徒が竹刀を床に落としたにもかかわらず、そのまま竹刀を構える仕草をしていることを見て、それが異常な状態と認識していましたが、直ちに練習を中止し、救急車を呼びませんでした。救急搬送されましたが、死亡しました。(大分地判平成25年3月21日判例時報2197号89頁)

認められた損害賠償額

約4656万円(これとは別に、独立行政法人日本スポーツ振興センターより死亡見舞金2800万円が支払われています)

認められた理由・解説

教員には、生徒の安全に配慮する安全配慮義務があります。教員は、生徒が竹刀を落としたのにそのまま竹刀を構える仕草を確認した時点で、熱中症や熱射病による意識障害を疑い練習を中止するべきでしたが、それをしませんでした。

裁判所は、教員の過失を認め、学校側に損害賠償を命じました。

弁護士法人シーライト藤沢法律事務所では、熱中症や熱射病が原因の学校事故のご相談を承っております。証拠収集などは、早いほうがいいので、お早めに弊所までご連絡ください。

 

屋外活動での事例

事故の概要

ハンドボール部の生徒が、午前10時時点で気温31度を記録する暑さの中、フットワーク、グラウンド30分間走、40メートルダッシュを10回などが課されたところ、ダッシュ7本目の時点で意識を失いました。担架で病院に運ばれましたが、熱中症による多臓器不全で死亡しました。(名古屋地裁一宮支判平成19年9月26日判例時報1997号98頁)

認められた損害賠償額

約4448万円(これとは別に、独立行政法人日本スポーツ振興センターより死亡見舞金として2800万円、災害救済給付金として約224万円が支払われています)

認められた理由・解説

教員は、練習内容を工夫するなど生徒が熱中症にかからないように注意し、熱中症に罹患した場合には、応急処置を行う、救急車を要請するなど、適切な対応をとる義務があります。しかし、教員は、気温31度を超える暑熱環境下で熱負荷の大きいランニングやダッシュを行うなど、十分な熱中症予防措置を講じませんでした。

裁判所は、教員の過失を認め、学校側に損害賠償を命じました。

弁護士法人シーライト藤沢法律事務所では、熱中症や熱射病が原因で、お子様が亡くなったり、後遺障害が残られたご遺族の方は、お早めに弊所までご連絡ください。

    

   

本当に十分な補償を受け取れていますか?示談交渉や損害賠償の請求で、金額は大きく変わります。

依頼前 依頼後
プレス機に挟まれ
指を複数切断
支払わず
裁判1500万円
フォークリフトに
足を弾かれて骨折
支払わず
裁判2000万円
落下事故で死亡 保険金のみ
裁判2700万円
落ちてきた建材が
直撃して骨折
保険金のみ
裁判2700万円

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。

  • 初回相談無料
  • 着手金無料

0466-53-9340

受付時間
受付時間:平日9時~19時
相談時間:平日9時~21時

シーライト藤沢法律事務所神奈川県藤沢市鵠沼石上1-5-4  大樹生命藤沢ビル2階

法律相談のご予約はこちら

まずはお気軽にご相談ください

初回相談は無料・着手金0円

メールでのご相談予約はこちら

0466-53-9340

0466-53-9340

電話受付時間:平日9:00~19:00

 

アスベスト被害者相談ページはこちら

 

賠償額無料診断サービスご相談できます。


 

弁護士に何度でも相談できる継続相談プラン


  • 事務所・弁護士の選び方
  • 賠償金の基準
  • 労働災害Q&A

コンテンツメニュー

事務所紹介

相談室写真

〒251-0025
神奈川県藤沢市鵠沼石上1-5-4
大樹生命藤沢ビル2階

JR藤沢駅 徒歩5分

対応エリア

神奈川県全域に
ご対応いたします。