倉庫内の作業中に起きた転落事故について、会社が被災者に危険な作業を行わないよう配慮する義務を怠ったとして損害賠償請求が認められた裁判例

事故の概要

倉庫係の被災者が、倉庫内において会社で保管中の浄化槽上での作業中、高さ131.5cmから転落して負傷した事故です。

倉庫内に搬入された保管貨物(浄化槽)の上に登って、浄化槽上部の点検口(直径約50cmの開口部)に蓋をする作業を行っていたところ、点検口から浄化槽内に転落し、右肋骨不全骨折、背部挫傷の傷害を負いました。

(金沢地判平成9年9月26日労働判例727号59頁)
   

認められた損害賠償額

約68万円(これとは別に、労災保険から休業補償給付が支給されています)

損害賠償が認められた理由・解説

雇用契約において、雇主は従業員に対して安全配慮義務があります。
本件での安全配慮義務は、以下の通りです。

・被災者が浄化槽の上に昇らずに蓋をする作業ができるように倉庫内の浄化槽用スペースを拡張する必要があった。

・上記が困難な場合は、浄化槽の上に昇る作業を極力避けるように被災者へ指示するとともに、
 ① 他の倉庫係に浄化槽の搬入作業を手伝うように指示する
 ② 外した浄化槽の蓋は、搬入を担当するトラックの運転手らに、取り出しやすい場所に積み込むように指示するなどの処置を採って、被災者が浄化槽の上に昇らずに作業できるようにする

などの配慮をすべき雇用契約上の義務を負っていたと解される。

したがって、上記のいずれの処置も採らなかった会社は、雇用契約上の安全配慮義務に違反していたということができ、本件事故は、被災者の安全配慮義務違反によって生じたものというべきである。

裁判所は、上記の安全配慮義務の点に過失を認め、会社側に損害賠償を命じました。

弁護士法人シーライト藤沢法律事務所では、転落事故のご相談を承っています。労災分野では、事故早期からの証拠収集や、適切な後遺障害等級獲得のための医学的検査などが重要になります。
転落事故に遭われた方は、お早めにご相談ください。

本当に十分な補償を受け取れていますか?示談交渉や損害賠償の請求で、金額は大きく変わります。

依頼前 依頼後
プレス機に挟まれ
指を複数切断
支払わず
裁判1500万円
フォークリフトに
足を弾かれて骨折
支払わず
裁判2000万円
落下事故で死亡 保険金のみ
裁判2700万円
落ちてきた建材が
直撃して骨折
保険金のみ
裁判2700万円
過労ドライバーが脳出血を発症し、上下肢機能全廃 保険金のみ
裁判4000万円
過労医師が内因性心臓死により死亡 保険金のみ
裁判1億6000万円

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。

  • 初回相談無料
  • 着手金無料

0466-53-9340

受付時間
受付時間:平日9時~19時
相談時間:平日9時~21時

シーライト藤沢法律事務所神奈川県藤沢市鵠沼石上1-5-4  大樹生命藤沢ビル2階

法律相談のご予約はこちら

まずはお気軽にご相談ください

初回相談は無料・着手金0円

メールでのご相談予約はこちら

0466-53-9340

0466-53-9340

電話受付時間:平日9:00~19:00

 

アスベスト被害者相談ページはこちら

 

賠償額無料診断サービスご相談できます。


 

弁護士に何度でも相談できる継続相談プラン


  • 事務所・弁護士の選び方
  • 賠償金の基準
  • よくある質問

コンテンツメニュー

事務所紹介

相談室写真

〒251-0025
神奈川県藤沢市鵠沼石上1-5-4
ISM藤沢2階

JR藤沢駅 徒歩5分