スムーズに建設アスベスト給付金を受給できた大工・解体工の事例

概要
  • 職種

    大工・解体工

  • 勤務形態

    その他(日雇い的な働き方)

  • 現在の状況

    故人

  • 年齢

    70代

  • 病名

    肺がん

  • 喫煙歴

    喫煙習慣有り(20年以上)

  • ばく露時期

    昭和39年(1964年)~平成17年(2005年)頃

  • ばく露年数

    約41年

  • ばく露した状況

    大工・とび職・解体工としてアスベストの粉じんの舞う建設現場・解体現場に従事したことによって、アスベストにばく露した。

  • ばく露場所

    東京都大田区、西武渋谷店建設工事

  • 申請した給付金制度

    建設アスベスト給付金制度

  • 申請から受給までの期間

    約4ヶ月

ご依頼いただいた経緯

ご依頼者様は、お父様が亡くなり少し時間が経ってから、お父様が生前仕事で粉じんまみれで帰宅していたことや、肺の疾患で病院へ何度も通院して「俺も劣悪な環境で労働していたので、あまり先は長くない」と話していたことなどを思い出しました。そこで調べてみたところ、アスベスト被害というものを知ったそうです。自宅近くの法律事務所を含めて、何社か問い合わせをしてみましたが、「労災認定されてから再度お問合せてください」「診断書を作ってもらってください」と相談自体を受けてもらえないという対応だったそうです。

しかし、当事務所に問い合わせをしてみたところ、そういった状況でも「相談に乗ります」「申請してみましょう」と言ってもらったことで依頼することを決めたそうです。
ご依頼いただいた後、当事務所にて労災保険へ申請をしたところ、無事労災認定されました。

そして、お父様は建設現場での業務に従事していましたので、建設アスベスト給付金申請も引き続きご依頼いただくことになりました。

受給内容

建設アスベスト給付金 1170万円

お客様のお声

今回、労災保険に続き建設アスベストが認定されたのは、先生が綿密に資料をご作成いただいたことが大きな要因だと感じています。

弁護士のコメント

本件は、40年以上前に石綿ばく露した大工・とび職・解体工の事案の方の事例です。既にアスベスト被害の労災保険申請をご依頼頂いており、労災認定されたところ、建設業務でのアスベストばく露であり、「建設アスベスト被害給付金」も受給できるため、引き続きご依頼をお受けいたしました。

通常、建設アスベストからご依頼いただく場合は、医療記録の収集から始まり、アスベストばく露態様や職歴の把握・裏付けなどで、申請準備に数ヶ月かかります。しかし、本件は上記のとおり、労災申請から引き続きの案件であったため、労災申請時の資料を活用できましたので、ご依頼から約1カ月で建設アスベスト被害給付金をスムーズに申請することができました。認定手続きも、追加資料や申請の修正等の必要もなく、最短で進み、申請から4か月で給付がなされました。

アスベスト給付金制度は、非常に複雑であり、今回のように労災申請時に利用した資料を流用できる場合もあれば、改めて別の書式で取り直さなければならない場合もあるなど、1度別の給付金制度で認定されていても、一般の方が本件と同様にスムーズな申請・最短での受給まで辿り着くのは、困難であると感じています。

特に、建設業に携わってアスベストにばく露した方は、「労災保険+建設アスベスト被害給付金」又は「石綿健康被害給付金+建設アスベスト被害給付金」の二重に制度が利用できる場合がありますので、申請の最初から最後まで一貫して引き受けてくれる弁護士等への依頼をお勧めしております。


アスベスト給付金に関するご相談は、15分無料電話相談、初回面談無料相談を実施しておりますので、お気軽にお問合せください。